更年期障害・ストレス等による女性の薄毛・抜け毛・脱毛の悩みを改善し、髪をエイジングケアするシャンプー・女性用育毛剤の情報を更新中!

更年期障害とは

更年期障害とは?更年期障害の症状

更年期障害(こうねんき しょうがい、英:menopause または postmenopausal syndrome, PMS)とは、ホルモン(エストロゲンの減少)の分泌バランスが崩れることにより起こる症候群である。主に閉経期前後の45~55歳ころの女性に起こるが、40代以降の男性にも起こることがあり、特に男性に起こる更年期障害のことを男性更年期障害と呼ぶこともある。
(Wikipediaより)


女性は、閉経期前後の40歳すぎ頃を境に、卵巣の機能が衰えてきます。
そして、卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの量が急激に減少してきます。

卵巣から女性ホルモンが十分に分泌されないにも関わらず、男性ホルモンは従来通り分泌され続けます。
そのため、相対的に男性ホルモンの割合が増えることになり、体内のホルモンバランスが乱れることになります。

これらホルモンバランスの乱れによって自律神経失調症のような症状が現れ、微熱、動悸、血圧が上下する、耳鳴り、ほてり、生理不順などが起こります。

さらに精神面にも症状が現れ、不安感、イラ立ち、情緒不安定、気持ちが落ち込むなど、様々な影響が現れてきます。

これが更年期障害と呼ばれる症状です。


インターネットで買えるオススメの育毛剤・発毛促進剤はこちら!⇒

女性用育毛剤「長春毛精」14日間トライアル


長春毛精
長春毛精

女性の更年期と髪の悩み > 女性ホルモンの急激な減少で薄毛・脱毛・髪やせ  






Page: 1

TOPPAGE  TOP