更年期障害・ストレス等による女性の薄毛・抜け毛・脱毛の悩みを改善し、髪をエイジングケアするシャンプー・女性用育毛剤の情報を更新中!

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善

育毛の第一歩は正しいシャンプー

育毛の第一歩は、正しいシャンプーから始まります。
余分な皮脂、汗、空気中の埃などを洗い流して頭皮と髪を清潔に保つのがシャンプーの役割です。
しかし、洗い過ぎると・・・

⇒続きを読む

育毛のための正しいドライヤー

できることならドライヤーを使わない方が、髪のためにはいいお手入れです。
タオルドライをした後、自然乾燥させるのが髪には一番いいのですが、ロングヘアの人は乾くまで時間がかかることもあるでしょう。
また、濡れた髪はキューティクルが・・・

⇒続きを読む

育毛のための正しいブラッシング

正しいブラッシングを行うと、
 ・ 頭皮の汚れを取る
 ・ 抜け毛やホコリ、フケなどの汚れを取り除く
 ・ 頭皮のマッサージ
などの効果があります。
ただし、間違ったブラッシングは逆に髪を傷めます。

⇒続きを読む

育毛のための食生活

育毛のためには、食事と生活習慣を改善し、バランスの取れた食生活を行うことがとても大切です。
髪のためにいい食べ物、と聞くと、真っ先にワカメなどの海藻を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、髪の毛にとって有意義なのは・・・

⇒続きを読む

育毛のためのたんぱく質

髪の毛は、ケラチンとたんぱく質からできています。
髪の主成分であるたんぱく質をきちんと摂取して、体だけではなく髪にも十分に届くようにすることが大切です。
髪の毛にいい良質なたんぱく質は・・・

⇒続きを読む

育毛のための鉄分、ビタミンC、ビタミンE

美しい髪のためには、鉄分も重要です。
鉄分が不足すると、髪が乾燥しやすくパサついた印象になったりします。
鉄分は、日本人に不足しやすい栄養素です。
鉄分不足は、症状が現れるまで時間がかかり発見しづらいのが・・・

⇒続きを読む

育毛のためのコラーゲン

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつです。
コラーゲンを含む食品を摂取することで、
 ・ 新陳代謝を促す
 ・ 肌のハリを保つ
 ・ 肌を保湿する
 ・ 関節の痛みや骨粗しょう症(骨粗鬆症)を予防・改善する
などの効果が期待できると・・・

⇒続きを読む

育毛のための適度な運動

育毛のためだけではなく、美しい肌や健康な体のためにも、適度な運動はとても大切です。
体を動かすことで気分も高揚し、ストレス発散や、生きるという意味での「基礎の力」を養うことができます。
無理のない範囲で体を動かしながら・・・

⇒続きを読む

有酸素運動のウォーキングで体脂肪燃焼

育毛のための適度な運動でおすすめなのは、体脂肪を燃やす有酸素運動であるウォーキングです。
まずは、近くの公園などに散歩に出かけてみませんか。
初めは気分転換程度の軽い散歩から。緑を眺め、ほほに風を受けて・・・

⇒続きを読む

ストレッチ体操、水泳、ヨガ

どこでも手軽にできるものとして、ストレッチ体操もお勧めです。
テレビを見ながら、家事をしながら、職場のトイレでも、いつでも簡単に行えます。
水泳も効果的な有酸素運動です。
泳がなくても、水の中を歩くだけでも筋肉にほどよい負荷がかかり、適度な運動になります。

⇒続きを読む

 



育毛のためのコラーゲン

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつです。
コラーゲンを含む食品を摂取することで、
  ・ 新陳代謝を促す
  ・ 肌のハリを保つ
  ・ 肌を保湿する
  ・ 関節の痛みや骨粗しょう症(骨粗鬆症)を予防/症状を軽減する
などの効果が期待できると言われています。

コラーゲン

新陳代謝を促すということは、年令と共に次第に遅くなってくる、新しい細胞へ生まれ変わるサイクルが早く規則正しくなるということです。

コラーゲンの保湿作用で肌が十分な水分を保ち、古い細胞がスムーズに排出され新しく生まれ変わるのが早くなるため、
  ・ みずみずしくハリのある肌になる
  ・ シワが薄くなる
  ・ ターンオーバーを促すのでシミが薄くなる
などの効果が期待できます。

体内のコラーゲンは年令と共に減少するため、意識して積極的に補充することが大切です。


コラーゲンを摂取した人の体験談では、冬でも肌が乾燥しなくなった、粉を吹かなくなった、化粧のりがよくなったなどの他に、「髪にツヤが出てきた」 「爪が丈夫になった」などの報告もあります。

髪は、ケラチンとたんぱく質からできています。
そして頭皮は、顔と同じく皮膚であり、表皮の下の「真皮」は70%がコラーゲンでできています。

顔の肌と頭皮は一枚の皮膚でつながっていますから、肌にいい食べ物は当然頭皮にもいいわけです。
頭皮が健康でないと、髪へ十分な栄養が行き渡らず、髪が細くなる、薄くなるなどの症状が現れます。
コラーゲン つまり、お肌にいいものは髪の毛にとってもいいのです。

また、膝がパキパキ言わなくなった、関節痛がなくなって階段の上り下りが楽になったなどの体験談もあります。
若い頃に比べると、膝の軟骨や筋の柔軟性はだんだん失われてきます。
コラーゲンは膝などの軟骨の再生力を高め、関節の痛みをやわらげる効果があると言われています。

コラーゲンを摂取することによって、髪、肌、骨、関節など、体のさまざまな部分が快適になることが期待できます。


コラーゲンは、フカヒレ、鶏の手羽先、鶏や魚の皮、豚足、牛筋、軟骨唐揚げ、ゼラチンなどに多く含まれています。

しかし高級食材であるフカヒレを毎日食べられる人は多くないでしょうし、鶏の手羽先や豚足や牛筋は脂肪も多く含まれていてカロリーが高いため、摂りたくない脂肪分を取り除いてコラーゲンだけを摂取するように毎日料理するのはなかなか難しいものです。

食品だけで摂取できない分は、コラーゲンサプリメントやコラーゲンドリンクで補うのがお勧めです。

また、ビタミンCは体内でのコラーゲンの合成を促す作用があるため、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂るとさらに効果的です。



【おすすめコラーゲンサプリ】

コラーゲン&ヒアルロン酸セット

小林製薬のコラーゲン&ヒアルロン酸セットは、肌の水分を保ち弾力性・柔軟性を高める効果のあるコラーゲンに、ヒアルロン酸を配合して保水力をさらにアップさせたお得なセット。

ヒアルロン酸は保水力で身体のみずみずしさを保つ他に、クッションや潤滑油のような働きもあります。
膝、腰など曲げ伸ばし部分の負担を和らげ、柔軟でなめらかな動きに役立つと言われています。

さらにコンドロイチン、アムラ果汁エキスも配合。
アムラ果汁エキスとはインドのアーユルベーダゆかりの健康果実で、トウダイクサ科の植物です。
ビタミンCはレモンの10倍、ポリフェノールは赤ワインの30倍と豊富に含んでいる、注目の成分です。

肌にも髪にも、みずみずしくハリのある潤いと美しさを求める人におすすめです。

さらに嬉しいのは、1点から日本全国どこでも送料無料であること。
送料無料にするためにまとめ買いをする必要もなく、1点だけでもほしい時にすぐ買うことができます。

コラーゲン&ヒアルロン酸セットの詳しい情報はこちらから ⇒



グルコサミン&コラーゲンセット(グルコラ)

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット(グルコラ)は、身体の構成成分であるグルコサミンにコラーゲンとビタミンCを配合したセットです。

グルコサミンはカニなどの甲殻類に多く含まれ、他にも肉や魚などを食べることで体内で合成されますが、年令と共に合成力は低下していきます。

膝、腰などの軟骨が再生する力を高め、負担を和らげてスムーズな動きを促し、関節痛を和らげる効き目があると言われています。

ビタミンC配合で、さらに体内でのコラーゲンの合成を促す効果が高まります。

1点だけ買っても、日本全国どこでも送料無料です。

グルコサミン&コラーゲンセット(グルコラ)の詳しい情報は
こちらから ⇒

※ 効果は個人によって差があります。


すっぽん小町

ていねい通販のすっぽん小町は、希少で高級なすっぽんエキスを原料としたアミノ酸豊富なコラーゲンサプリメントです。

アミノ酸はコラーゲンを自分の体内で自分で生成しさらにそのコラーゲンを体に吸収させやすくする成分で、すっぽん小町には、そのアミノ酸を主とした美容と健康成分がバランス良く、かつ豊富に配合されています。

コラーゲンそのものを摂取するのではなく、コラーゲンを自分の体の中で作り出せるため、体の奥から美肌とアンチエイジングの効果を早く実感できるサプリメントなのです。

美肌の他にも、朝の目覚めが良くなる、疲れにくくなる、冷え性や貧血の改善、生理不順・生理痛・PMS(生理前症候群)の症状緩和、便秘解消、関節痛にも効果があるなど、健康効果の口コミが多数あります。

さらに、アミノ酸は血行促進や新陳代謝アップ、脂肪燃焼作用があるため、アミノ酸ダイエットサプリとしても効果が高いのです!


美容・健康両面に効果的 アミノ酸すっぽんコラーゲンサプリ
「すっぽん小町」を実際に使って試した口コミを体験ブログ談で書いています。
ご参考になさってくださいね。


 ⇒ すっぽん小町 冷え性 生理不順 ダイエット効果




女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のための適度な運動  


ストレッチ体操、水泳、ヨガ

○ ストレッチ体操

どこでも手軽にできるものとして、ストレッチ体操もお勧めです。
テレビを見ながら、家事をしながら、職場のトイレでも、いつでも簡単に行えます。


・ 背伸びのストレッチ
両手の指を組み合わせ、手の平を上にして頭の上に上げます。
ゆっくり体を引き上げて背伸びをし、気持ちいいと感じるところまで伸びたら10数えて、ゆっくりと元に戻します。


・ 横曲げのストレッチ
足を肩幅に開き、両手の指を組み合わせ、手の平を上にして頭の上に上げます。
気持ちよく引き伸ばしながらゆっくり右に傾けて、腕、肩、わき腹が気持ちよく伸びたところで10数えます。
ゆっくりと体を元の位置に戻して、左へも同じようにします。

背伸びのストレッチ 横曲げのストレッチ



・ 腕のストレッチ
右腕を頭の上に上げ、ひじを曲げて背中の方へ下ろします。
左手を右腕のひじにあて、ゆっくりと力を加えて下へ押します。
元に戻し、左腕も同じようにします。
力を入れすぎないように気をつけます。


・ 前屈のストレッチ
足を肩幅に開いて立ちます。
体を前に傾け、右手を下に、左手を上に上げます。
右手で左の足首にさわるように腕と体を伸ばします。
元に戻して、腕を替えて同じようにします。

腕のストレッチ 前屈のストレッチ



・ 脚のストレッチ
足を大きく前に一歩踏み出します。
前の足に体重を乗せ、後ろ側の足のももの後ろ、ふくらはぎ、アキレス腱をゆっくりと、気持ちいいと感じるくらいまで伸ばします。
足を替えて、同じようにします。


・ ウエストのストレッチ
床に座って脚をのばし、ひざを軽く曲げます。
頭の後ろで両手を組み、息を吐きながらゆっくりと右の後ろを見るようにウエストをねじります。
息を吸いながら、ゆっくりと元の位置にもどします。
同じように、左向きにも行います。
ウエストのシェイプアップに!

脚のストレッチ ウエストのストレッチ


 

○ 水泳、ヨガなど

水泳も効果的な有酸素運動です。
泳がなくても、水の中を歩くだけでも筋肉にほどよい負荷がかかり、適度な運動になります。
水の中は浮力があるため、腰や足首に負担がかからないのでおすすめです。

その他、ヨガやピラティスなど、興味の持てそうなものをいろいろ試しみてください。

女性の薄毛・抜け毛とストレス > 女性の薄毛・抜け毛とストレスの関係  



有酸素運動のウォーキングで体脂肪燃焼

育毛のための適度な運動でおすすめなのは、体脂肪を燃やす有酸素運動であるウォーキングです。

まずは、近くの公園などに散歩に出かけてみませんか。
初めは気分転換程度の軽い散歩から。
緑を眺め、ほほに風を受けて、気持ちいい、楽しい、という気持ちをまず体験しましょう。


有酸素運動のウォーキングで体脂肪燃焼 慣れてきたら、少しやる気を出してウォーキングをしてみましょう。

靴はウォーキング用の靴の方が、着地のショックをやわらげて足首やひざなどの負担を減らしてくれます。
ちょっぴり良いめのウォーキングシューズを、自分のために奮発してみてください。
自分のために奮発したのだ、と思うと、ちょっと嬉しい気分で歩くことができます。

普段歩き慣れていない方は、まず足首を回したりひざの屈伸運動をして、体をほぐします。

歩幅は大きく、かかとから着地して、つま先で強く地面を蹴ります。
ひじを軽く曲げ、腕を大きく振ります。肩に力が入らないようにしましょう。

20分以上歩き続けると、体脂肪が燃焼を始めます。


有酸素運動のウォーキングで体脂肪燃焼 平日は仕事が忙しくて時間が取れないという方は、通勤の時に一駅手前で下りて歩いたり、帰り道に少し遠回りをして公園を回ってみるなど、日常生活の中に無理なく取り入れてみてください。

ただし、通勤時にヒールの高い靴を履いている女性は、あまり無理をして歩かないようにしてください。
もしも余裕があれば、通勤時にはウォーキングシューズ、会社に着いたらヒールのある靴に履き替えるというのもお勧めです。

家族や友人と一緒に歩いたり、いつもと違う道を探索してみたり、ペットの散歩と一緒に行うと、効率よく楽しんでできます。

ウォーキングの前後は、忘れずに水分補給を行いましょう。

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > ストレッチ体操、水泳、ヨガ  



育毛のための適度な運動

育毛のためだけではなく、美しい肌や健康な体のためにも、適度な運動はとても大切です。
体を動かすことで気分も高揚し、ストレス発散や、生きるという意味での「基礎の力」を養うことができます。

無理のない範囲で体を動かしながら、食事や睡眠時間などの生活習慣全体を見直すことが、育毛のためにも、健康で生き生きした生活のためにも役立ちます。


育毛のための適度な運動 運動はあまり得意ではない、実はキライ・・・という方も、ごく軽い運動から試してみませんか。

無理な運動、つらいトレーニングをする必要はありません。
運動しなければ、というのが義務になったり、ストレスになってしまっては何にもなりません。


楽しみながら、マイペースで、ニコニコしながらできるものを選びましょう。
苦しいと思いながら運動したり、体調も気持ちも乗らないのに、日課と決めたのだからと無理をして出かけていくのも望ましくありません。
あなた自身が楽しむために、体を動かしましょう。

そして何より大切なのは、継続することです。

毎日忙しくて運動をする時間を取れない、という方も、日常生活の中でできるものをぜひ試してみてください。

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > ウォーキングで体脂肪燃焼  



育毛のための鉄分、ビタミンC、ビタミンE

美しい髪のためには、鉄分・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル類、ビタミンA・B・C・Eなどのビタミン類をバランスよく取ることも重要です。

・鉄分

美しい髪のためには、鉄分は大切な要素です。
鉄分が不足すると、髪が乾燥しやすくパサついた印象になったりします。

鉄分は、日本人に不足しやすい栄養素です。
鉄分不足は、症状が現れるまで時間がかかり発見しづらいのが特徴です。

特に女性は月経があるため鉄分が不足しやすく、髪や肌に影響が出るだけではなく、貧血になることもあるので注意が必要です。

鉄分を多く含む食品というと、真っ先にレバーを思い浮かべがちですが、鉄分はひじきやほうれん草にも多く含まれています。
レバーが苦手な方でも大丈夫。
ひじきの煮物やほうれん草のおひたしなど、ふだんから意識して取るよう心がけてください。

他にも、ピスタチオナッツやヘーゼルナッツなどのナッツ類、プルーンやフィグ(いちじく)などのドライフルーツに、鉄分は多く含まれています。

特にプルーンの鉄分は体に吸収されやすい組成を持っており、また食物繊維の多さから便秘の改善も期待できます。
そのまま食べるほか、紅茶や赤ワインで煮たり、ヨーグルトに一晩つけておくと美味しいデザートになります。
ナッツやドライフルーツは、手作りのお菓子やパンの材料としてもおすすめです。

鉄分は食品だけでは取りにくいため、サプリメントで補うのも効果的です。

育毛のための鉄分

育毛のためのビタミンC

育毛のためのビタミンC


・ビタミンC

ビタミンCと鉄分を一緒に取ると、鉄分の吸収を助けてくれる効果があります。
ビタミンCの多い食べ物は、レモンやいちごなどの果物、パセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、芋類や豆類などです。
また、緑茶にも多く含まれています。

ビタミンCは水に溶けやすく熱にも弱いので、長時間洗ったり茹でたりすると失われてしまう分が多くなります。
手早く調理しましょう。
じゃがいものビタミンCは熱に強く、調理しても損失分が少ないので効率よくビタミンCを摂取できます。

喫煙は、せっかく取ったビタミンCを破壊してしまいます。
髪のため、美容と健康のためにも禁煙をお勧めします。

育毛のためのビタミンC

育毛のためのビタミンC

育毛のためのビタミンE


・ビタミンE

ビタミンEは、血行をよくして血液をサラサラにしてくれる効果があります。
頭痛や冷え性などが改善され、頭皮の血液循環もよくなります。
髪の毛を生み出す、毛母細胞の働きも活発になります。
また、自律神経が活性化され、髪に大切なホルモン分泌を規則正しくしてくれます。

ビタミンEはゴマやひまわりの種などの種実類、くるみやアーモンドなどのナッツ類、小麦胚芽、うなぎなどに多く含まれています。
ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、更年期障害の症状改善にも役立ちます。

特に、ナッツ類に含まれる良質のオレイン酸はコレステロールの酸化を防ぎ、さらに悪玉コレステロールだけを減少させて血液をサラサラにする効果があると言われています。

油脂ですからカロリーは高く、ナッツ類が好きな人はつい後を引くので食べすぎはいけませんが、適量なら体重増加よりも健康増進の効果の方が高くなります。

おつまみとして一般的に売られているナッツは塩分が多いので、無塩・無油(ノンソルト・ノンオイル)のナッツを選ぶとさらに効果的です。

中国料理で人気のある鶏肉とカシューナッツの炒め物や、くるみを使ったシーザーサラダをはじめ、いろいろなナッツ類を刻んでサラダにトッピングしたり、パン粉の代わりに刻んだアーモンドを衣にし白身魚や淡白な鶏肉を揚げたフライ、くるみを和え衣にして野菜等を和えたくるみ和えや白和えなど、毎日の料理にもぜひ取り入れてみてください。
自家製のお菓子作りやパン作りの材料としても活躍します。

太るからと敬遠せず、良質で適量のビタミンEを上手に取るように心がけてみましょう。

ビタミンCやビタミンEは、体の老化やガンなどを予防する効果があるといわれ、「抗酸化ビタミン」と呼ばれています。

無油無塩・素焼きアーモンド

無添加・素焼き(素煎り)アーモンド 世界のトップモデルも推奨!美容と健康のために最適。
ナッツは美肌の敵って本当?それはもしかすると揚げている油が悪いのかも・・・・・・
素焼きアーモンドは無油無塩で素材そのものの味わいがわかります。油を使っていないのでフライタイプよりローカロリー。
間食やおつまみを素焼きアーモンドに替えるだけで、美容・健康・整腸・ダイエット効果も!
1日20~25粒程度なら摂取カロリーよりも健康効果の方が期待できます。
製菓・製パン用としてもお勧めです。
無添加・素焼き(素煎り)アーモンド


生アーモンド 加熱処理をしない生アーモンドは酵素が生きています。
ちょっとしけったような口当たりは、慣れるとかみしめるほどに杏仁豆腐のような甘みとして感じられます。
くるみやひまわりの種とも似た味わい。
好みに合わせてオーブンやフライパンでローストすれば、香ばしい煎りたてが自宅で楽しめます。
煎りたてに塩味をつけたり、黒砂糖やはちみつと絡めれば自家製キャラメルナッツに。
価格がリーズナブルなのも嬉しい!



インターネットで買えるオススメの育毛剤・発毛促進剤はこちら!⇒

女性用育毛剤「長春毛精」




女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のためのコラーゲン  





育毛のためのたんぱく質

髪の毛は、ケラチンとたんぱく質からできています。
髪の主成分であるたんぱく質をきちんと摂取して、体だけではなく髪にも十分に届くようにすることが大切です。

髪の毛にいい良質なたんぱく質は、肉・魚・貝類・卵・チーズなどの動物性たんぱく質と、大豆や大豆製品などの植物性たんぱく質があります。
動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を、バランスよく取りましょう。

ビタミンB1の多い豚肉やDHAが摂取できる青魚は、大変良質のたんぱく質で髪の毛にも良い効果がありますが、脂肪分を気にされる方も多いでしょう。
肉類や青魚をまったくやめてしまうのではなく、量を減らして、豆腐や納豆などを上手に組み合わせるよう工夫してみてください。

女性ホルモンも髪に大きく影響します。
豆腐や納豆は、その点でも特にお勧めです。
イソフラボンを多く含む、豆乳や大豆、大豆製品を意識して取るようにするといいでしょう。

厚揚げや油揚げを料理に活用すると、豆腐よりもコクが出る上に、肉類が少なくても満足できるメニューになります。

育毛のためのたんぱく質

育毛のためのたんぱく質

育毛のためのたんぱく質

水煮の大豆なども便利な素材です。
ひじきや切り干し大根の煮物に入れたり、トマト味と相性がいいのでトマト味のシチューに入れたり、カレーに入れると肉類が少なくてもかなりボリュームが出ます。
本格的なインドのひよこ豆のカレーの代わりに、大豆でも美味しくできます。

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品も活用してください。
動物性脂肪が気になる方は、豆乳がお勧めです。

乳製品と味噌や醤油は、実は相性がいいです。
気持ち悪い!と言わずに、お味噌汁を作る時にほんの少し牛乳を入れると、マイルドで柔らかい味になります。

反対に野菜のミルク煮やシチューを作る時、味噌を隠し味にすると(或いは塩を減らして、味噌味とわかるようにしてもいいです)コクが出ます。

鍋料理に牛乳を入れたり、豆乳鍋もいいですね。

他にもスキムミルク、低脂肪牛乳(ローファットミルク)、低脂肪や無脂肪のプレーンヨーグルト、砂糖無添加で甘みを出したカロリーオフのヨーグルトなど、今は消費者の多様なニーズに合わせたさまざまな製品があります。
楽しみながら、売り場であれこれ探してみてください。

育毛のためのたんぱく質

育毛のためのたんぱく質

育毛のためのたんぱく質



女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のための鉄分、ビタミンC、ビタミンE  




育毛のための食生活

育毛のためには、食事と生活習慣を改善し、バランスの取れた食生活を行うことがとても大切です。
肌や体の健康にいい生活習慣は、当然髪にもいい影響を与え、自然な育毛を促してくれます。

髪のためにいい食べ物、と聞くと、真っ先にワカメなどの海藻を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

確かに、ワカメなどの海藻類にはヨードが多く含まれており、髪の発育を促す甲状腺の働きを高める効果があります。
ヨードが不足すると、髪の毛のツヤがなくなり、パサついた印象になります。

しかし、髪の毛にとって有意義なのはワカメなどの海藻だけではありません。
一番大切なのは、栄養バランスのいい食事を心がけることです。


育毛のための食生活 野菜不足、脂肪分や甘いものの多量摂取、偏食や極端なダイエットなど、体に必要な栄養が不足すると体に悪影響が出ます。
体に悪いところが現れると、当然髪にも栄養が行き渡らず、髪の毛が細くやせてしまいます。

特に、内蔵や筋肉や骨に比べると、髪の毛というのは生命の維持に必ずしも必要な器官ではありません。
そのため、体に必要な栄養分が不足すると大切な内蔵や筋肉や骨に優先して回され、頭皮に栄養が送られてくるのはずっと後回しになってしまいます。

内蔵や筋肉や骨に必要な栄養成分を食事から十分に摂取してこそ、髪にも頭皮にも豊かな栄養が送られてきて美しくなります。

ワカメだけではなく食生活全体を見直し、睡眠時間などのサイクルも整えて、髪のためにいい生活を心がけましょう。

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のためのたんぱく質  



育毛のための正しいブラッシング

正しいブラッシングを行うと、

 ・ 頭皮の汚れを取る
 ・ 抜け毛やホコリ、フケなどの汚れを取り除く
 ・ 頭皮のマッサージ
 ・ 頭皮の皮脂を適度に髪の毛の先まで行き届かせる
 ・ 髪全体にツヤを出す

効果があります。

ただし、間違ったブラッシングは逆に髪を傷めます。

ブラッシングをする時は、いきなり頭頂部からとかし始めずに、必ず毛先からとかします。
ていねいに優しく、少しずつとかします。
まず毛先のもつれや絡まりをとき、次に髪の真ん中あたりを、最後に地肌からといていきます。

無理にブラッシングをすると髪が傷んだり、静電気が起きたりします。
冬場などは、櫛を軽く水で濡らしてからブラッシングをすると静電気が起きにくくなります。


正しいブラッシングは、頭皮のマッサージ効果があります。
頭皮を適度に刺激することで血行がよくなり、髪にしっかりと栄養が届くようになります。
髪の成長促進にもいい影響を与えるため、健康な髪の発育を促します。

また、根元から毛先に向けてブラッシングすることで、頭皮の皮脂を髪全体に行き渡らせ、うるおいのあるつややかな髪を作ります。

ブラッシングには豚毛ブラシや、つげの櫛がおすすめです。

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のための食生活  



育毛のための正しいドライヤー

できることならドライヤーを使わない方が、髪のためにはいいお手入れです。

タオルドライをした後、自然乾燥させるのが髪には一番いいのですが、ロングヘアの人は乾くまで時間がかかることもあるでしょう。

また、濡れた髪はキューティクルが弱い状態なので、長時間髪が濡れたままでいるのも髪のためにはよくありません。
半乾きのまま寝てしまうと、枕の上で髪が蒸れたり、髪の毛の中で雑菌が繁殖したりします。

それよりは、ドライヤーを上手に使って短時間で乾かしましょう。

育毛のための正しいドライヤー

ドライヤーを使う時は、シャンプー後の髪にいきなりかけずに、タオルで十分に水分を拭き取ってからかけます。
ゴシゴシこすらず、タオルで髪を挟むようにし、ぽんぽんと優しく叩いて水分を吸い取らせましょう。

水分がたくさん残っている状態でドライヤーをかけると、乾くまで長時間ドライヤーをかけ続けることになり、髪が傷みます。

ドライヤーは髪を指でかき分けながら、地肌部分に風を当ててまず地肌を乾かします。
髪は熱や風に弱いので、髪にはあまりかけすぎないように気をつけます。

温風を一箇所に当てすぎないように気をつけ、なるべく髪から離してドライヤーをかけます。
ブローをして形を整える時も、ドライヤーの風を当てては離し、当てては離し、を繰り返し、長時間同じ場所に風を当てすぎないように気をつけます。

最後に冷風にすると、髪の温度を下げ、またブローして整えた髪型を保つことができます。

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のための正しいブラッシング  




Page: 1 < 2  次の10件>>

TOPPAGE  TOP