更年期障害・ストレス等による女性の薄毛・抜け毛・脱毛の悩みを改善し、髪をエイジングケアするシャンプー・女性用育毛剤の情報を更新中!

育毛の第一歩は正しいシャンプー

育毛の第一歩は正しいシャンプー

育毛の第一歩は、正しいシャンプーから始まります。

余分な皮脂、汗、空気中の埃などを洗い流して頭皮と髪を清潔に保つのがシャンプーの役割です。
しかし、洗い過ぎると地肌に必要な皮脂まで落としてしまい、皮膚障害や脱毛の原因になってしまいます。

育毛のための正しいシャンプー

育毛のための正しいシャンプーは、まずあなたの頭皮と髪に合ったシャンプーを選ぶこと。
洗う回数に気をつけること。
そして、正しい手順でていねいに洗い、優しく乾かすことです。

髪の毛は、夜寝ている時間帯に育毛が促進されます。
そのため、その時間帯に髪と頭皮が清潔であることと、夜更かしをせずに眠っていることが望ましいです。
シャンプーは朝ではなく夜に行うようにし、清潔な状態で休みましょう。


1. シャンプー前にブラッシング
髪の絡まりをとき、髪についた埃やフケを取り除きます。
ブラッシングをしておくと、シャンプーの泡立ちがよくなります。
乾いた髪を無理にブラッシングすると髪が傷みますので、毛先から少しずつ、ていねいにとかします。

2. 予洗い
お湯だけで、髪と地肌を十分に予洗いします。
予洗いだけで、埃や汚れのほとんどは落とすことができます。
髪を濡らすだけではなく、指の腹を使って地肌部分をていねいに洗いましょう。

3. シャンプーを髪に
シャンプーを手に取って軽くあわ立て、頭皮の何箇所かに分けて置いてから洗います。
男性に多いのですが、シャンプーの原液を直接髪に振りかけたりしないように、くれぐれも気をつけてください。
シャンプーの原液は成分が強いため、いつも頭頂部(頭のてっぺん)の同じ場所にシャンプーの原液を振りかけていると、頭頂部分から脱毛してくる可能性が高くなります。

4. シャンプーでていねいに洗う
シャンプーをよく泡立てながら髪の毛全体に行き渡らせます。
指の腹を使って地肌をマッサージしながら、髪の生え際から頭頂部に向けてていねいに洗います。
地肌をマッサージしながら洗うと、血行がよくなります。
髪はゴシゴシこすったりしないようにしましょう。

5. シャンプーのすすぎ
シャンプーの成分が残らないように、十分に洗い流します。
髪をかき分けて、頭皮までお湯が行き渡るようにていねいにすすぎます。

6. リンス・コンディショナー
髪の毛にリンスをつけます。地肌には必要ありません。

7. リンスのすすぎ
少し置いてから、リンスを洗い流します。

8. タオルドライ
乾いた清潔なタオルを使って、髪の毛の水分をていねいにタオルに吸わせるようにします。

9. ドライヤー
ドライヤーを使う時は、タオルドライを十分にしてから行います。



【おすすめの育毛シャンプー】

ヴェフラ モイスト クレンジングシャンプーは、女性のための育毛シャンプー。
ノンシリコン・ノンパラベンのアミノ酸シャンプーで、髪と頭皮を健康にすることで新しい髪を育み、更年期障害による薄毛・抜け毛を改善します。

髪の分け目や頭皮が透けて目立つ、ボリュームがなくなって髪型が決まらない、髪のからまり・乾燥・パサつき・ゴワゴワなど、髪のトラブルや悩みを解消したい大人の女性のために開発されました。

真珠エキスをはじめ、まるで美容液のような髪のための有用成分や美容成分を贅沢に配合。

ノンシリコン・ノンケミカル・アミノ酸系のマイルドなシャンプーで髪と地肌に優しく、髪のハリ・ツヤ・コシ・ボリュームを取り戻し、つややかサラサラでまとまりやすい美しく健康な髪へと導きます。

リンスやコンディショナーは不要。これ1本でOKです。


<女性のための育毛シャンプー>
【髪がまとまるノンシリコン ノンパラベン アミノ酸シャンプー「ヴェフラ」】

実際に使って試した口コミを体験ブログ談で書いています。
ご参考になさってくださいね。


 ⇒ 更年期障害 女性用育毛シャンプー おすすめ 口コミ




女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のための正しいドライヤー  



Page: 1

TOPPAGE  TOP