更年期障害・ストレス等による女性の薄毛・抜け毛・脱毛の悩みを改善し、髪をエイジングケアするシャンプー・女性用育毛剤の情報を更新中!

育毛のための正しいドライヤー

育毛のための正しいドライヤー

できることならドライヤーを使わない方が、髪のためにはいいお手入れです。

タオルドライをした後、自然乾燥させるのが髪には一番いいのですが、ロングヘアの人は乾くまで時間がかかることもあるでしょう。

また、濡れた髪はキューティクルが弱い状態なので、長時間髪が濡れたままでいるのも髪のためにはよくありません。
半乾きのまま寝てしまうと、枕の上で髪が蒸れたり、髪の毛の中で雑菌が繁殖したりします。

それよりは、ドライヤーを上手に使って短時間で乾かしましょう。

育毛のための正しいドライヤー

ドライヤーを使う時は、シャンプー後の髪にいきなりかけずに、タオルで十分に水分を拭き取ってからかけます。
ゴシゴシこすらず、タオルで髪を挟むようにし、ぽんぽんと優しく叩いて水分を吸い取らせましょう。

水分がたくさん残っている状態でドライヤーをかけると、乾くまで長時間ドライヤーをかけ続けることになり、髪が傷みます。

ドライヤーは髪を指でかき分けながら、地肌部分に風を当ててまず地肌を乾かします。
髪は熱や風に弱いので、髪にはあまりかけすぎないように気をつけます。

温風を一箇所に当てすぎないように気をつけ、なるべく髪から離してドライヤーをかけます。
ブローをして形を整える時も、ドライヤーの風を当てては離し、当てては離し、を繰り返し、長時間同じ場所に風を当てすぎないように気をつけます。

最後に冷風にすると、髪の温度を下げ、またブローして整えた髪型を保つことができます。

女性の薄毛・抜け毛の予防と改善 > 育毛のための正しいブラッシング  




Page: 1

TOPPAGE  TOP